中埜動物病院|大阪市東住吉区の動物病院

院 長



院長:中埜 康幸(なかの やすゆき)

【略歴】          
昭和48年 大阪府立大学卒業
〜昭和50年4月 玉川動物病院(福島区)勤務
昭和50年5月 中埜動物病院開業



診療可能動物 
イヌ、ネコ、ウサギ、ハムスター、小鳥
診療内容
救急診療
なし
 
往診
あり
初診は来院していただき、再診の方のみ往診します。
一時預かり
あり
当院の患者さんのみ受け付けさせていただいております。
里子里親紹介
あり
当院の患者さんのみ受け付けさせていただいております。
しつけ教室
なし
 
特に力を入れている分野
あり
予防医学(予防注射、健康診断など)、ヒフ病(外耳炎含む)
カード取り扱い
あり
5,000円以上のご利用からカードでのお支払ができます。
保険取り扱い
あり
 アニコム、アイペット
トリミング
なし
 
診療設備
心電図、エコー、生化学検査機器、電解質検査機器、血球検査機器、遠心分離機、オートクレープ、吸入麻酔器、犬舎、レントゲン、人工呼吸器、麻酔モニター
診察時間・休診日

診療時間
AM 9:30〜PM 12:00
×
×
PM 5:00〜PM 7:30
×
×
×
       

休診日 土曜日の午後・日・祝

住所・最寄り駅



 
駐車場 近隣のコインパーキングをご利用ください。 費用は当院が負担させていただきます。
最寄り駅 JR美章園徒歩7分
住所 〒546-0041
大阪府大阪市東住吉区桑津3丁目14-20
連絡先
Tel 06-6713-4534 Fax 06-6713-4534
特徴


<ごあいさつ>
院長の
中埜(なかの)康幸と申します。
私が開業してから現在に至るまでの30数年の間に人と動物の関係や犬、猫の食生活を含めた環境、
そして獣医療(検査、治療など)が大きく変化してまいりました。
犬、猫の多くは室内で飼われ、現在ではペットという表現ではなく、コンパニオンアニマル(伴侶動物)と
呼ばれるようになりました。
コンパニオンアニマル(伴侶動物)の健康を維持するには快適な環境、適切なフード、病気の予防が大切です。

当たり前のことですが、動物達は自分で症状を訴えることができません。 
飼い主様の日頃の観察や、動物との触れ合い(あちこち触る)が診断の手助けになります。 
私からのお願いですが、来院時は動物に代わって気のつかれた事をたくさん教えてください。
また、自分では飼い主様に理解していただけるよう、分かりやすい言葉での説明を心がけているつもりですが
分かりにくいと思われた時は、遠慮なさらず何度でもお尋ねください


51歳から大阪府立大学大学院に5年間通い、自分の子供と同年代の学生達と交流をもちました。

過去の趣味 魚釣(海釣り)、少林寺拳法(高校、大学、社会人)
現在の趣味 マラソン(42歳から始めて年数回、大会に参加しています)
お陰さまで、無事完走することができました。

 
 
獣医師

谷 麻満子

平成9年 大阪府立大学卒業
ワンちゃんネコちゃん動物達と飼い主様が安心して治療を受けられる様、心がけています。
 
動物看護士

松本 蒼生

平成27年に大阪ペピイ動物看護専門学校を卒業しました。 ワンちゃんを2頭飼っています。
趣味は水族館巡りで、夢はボクサー犬を飼うことです。
まだまだ勉強中ですが、一生懸命頑張りますので、よろしくお願いいたします。
 
 
受付
 
 
診察室
 
生化学検査
 
 
心電図
 
吸入麻酔器

 

公開日2014/4/20 更新日2015/5/17